Yoshizen's Blog

JAPANESE Psyche

There was the interesting exchange of the mails about the quality of the Japanese politician and their Psyche.

And the Japanese Psyche in general.  (I may repeat this in English soon)

—-

日本の政治家の資質低下について,はたと気がついたのですが,どうもその原因は理念とか本人の器といった

高貴な問題ではなく,むしろ本人や党の台所事情ではと見えたのですがいかが?

かつての自民-社会対立の頃にはそれぞれが,企業-労組という強力かつ安定した資金源があり,金はないが

名将の器という人物が党の応援を得て当選し頭角を現す可能性があった。

ところが経済の混迷,それに引きずられて政党政治の混迷が起り,上記したような,

それなりに安定していた政治資金システムも崩壊してしまった。

言ってみれば 政治景観は,野武士ならまだしも,夜盗,かっぱらいだけがとにかく金を作って

生き残れるといふ焼け跡化してしまったのです。怪しげな利権のつながりで金をせびって来られる夜盗の頭目が

寄って来るかっぱらいを集め新党を作ったり他の徒党との取引に明け暮れる

---こりゃロクでもない連中ばかりになるといふのは当然でしょう。

(ミもフタもなさすぎますか?  ハッハッハ)

———————–

ミもフタもない見事な解説、褒めていいのか、なげいていいのか。
それでもなんとか世の中が回ってる。沈みながら、ではあるにしても。
というのが日本の民への賛嘆ではあるのですが、この民、
「では、この先どうしたものか」には弱い。さて、どうしたものか。
——-
————————

> それでもなんとか世の中が回ってる。沈みながら、ではあるにしても。

というのが日本の民への賛嘆ではあるのですが

日本人に染み付いた儒教仏教の美德は,今や世界中に認められた歴史的遺産で

元ネタである筈の中国人をすら驚愕させているのです。

未曾有の災害,その後の原発事故,為政者の無策に直面しても略奪はおろか暴動,反政府 運動も起らない。

[君,君たらずとも,臣,臣たれ][己れの分をわきまえよ]で,ひたすら己れの分である所の職務を全うする。

全ての職務が平常心を持って完遂されれば,つまり全ての歯車が正常に回れば,

全体としてシステムは昨日と同様に作動する。メデタシメデタシ。

(逆に言えば昨日と同じで,新事態となるとお手上げ)

---つまり,日本人はこの[己れの分]を全うする為に,ひたすら滅私奉公。

ところがこの滅私といふのは無私とは程遠く,[分]というのは縄張りに外ならない。

縄張りに入って来るヨソ者を排撃するだけでなく,大きな縄張りを持った者ヘのネタミ,妨害は執拗にやる。

「このMLは俺が作った」のテですよ。

——

---で,この[分]というのが日本人の場合,極度に狭い。もう卑小と言える狭さ。

知ったような顔で知識はあるが(なんたって世界ーの就学率,英語教育だけでも10年)

しかし,その知識も,己れの[分]以外は「おこがましくって」と無視。

何しろ[月毎のおこずかい]を女房からいただき家政経済にすら疎い程ですから。

そうして,個である事の最後のトリデをオタクとかネットのポルノに見つける。

ネットは情報空間,コミニュケーション領域を異状な程に拡大した筈なのですが

良く見てみると,実はそうした卑小な密室にこもった人間同志が同類と交っているだけで,当人の視野や

思考領域が拡がっている訳ではなく,多少でも違ったコトを言う者が居ると完璧に無視されるか袋叩きに合う。

この異常な程の世界の狭さは大企業のトップでも同じで「それは現場に聞いてくれ」となる。

---で,日産もソニーもトップは外人に任せるコトになった。

---ムムム?---ひょっとしたら,官僚や政府の要職には英人米人をやとったら?

—–

縄張りと面子の調整で[和]に到逹するのが日本教の理念ですが,何しろ出発点,土台となる視野が

あまりにも狭いから,そもそも自分の鼻の頭を見るのが精一杯。

自分を客観視して位置を見定められないし,まして方向など言わずもがな。

大変な滅私奉公をやりながらとにかくシステムを回し続ける忍従は賞賛に値すると言えますが,

同時にその卑小な世界,縄張りにしがみつく頑迷さ,傲慢さもすごい。

(で,この縄張り意識(自己存在のより処)を失うと,コロっと自殺してしまう)

---滅私が無私に成長するとは限らない事の典形です。惜しい。

(まァ,褝家でも本当に開かれた目を持った視野の広い人物は希ですから)

—-

で,何か改善策はあるのか?---「ワトソン君,良い質問だ」(Good question !)

目前に在る対象にのみ反応し,それ以外の事象への想念を,雑念妄念として排除するのが褝なのですが

(つまり己れの手にある問題にのみ集中しそれを完遂する---振かかって来る火の粉は払わねばならぬが,

燃えている家の火を消すのは火消しの役目!!!)と言う[己れの分をわきまえた]行動様式は実に

300年500年に渡って叩き込まれている以上に,全システムがこの理念で動いているのです。

本物かどうか抜きに [専門家としてテレビに] 出て来た人間の言った事なら鼻くそでも鵜吞みにするが,

それ以外はどんな正論でも聞く耳を持たない。

(従って,戦争意識はー回の玉音放送でピタリと終息してしまった)

実は日本人自身,何かおかしいとは気になっているのです。

だからこそ,限りなく出版される「日本人論」を買い続け,ー方あらゆる占い,血液形だ風水だと読みまくり,

己れは何者か,何処に立っているのかといふのを[お告げ]の中に見出そうとする。

ファッションの撰択すら,TV,メディアで確定されたタイプに限る。

セクハラとかPCといった社会理念,法制度すら[先進文化国家]で確立定着した片カナとなると

すぐ飛つくが日本独自の因習は完全に黙殺される。(今でも舶来崇拝!)

あくまで[与えられた分]の中に収まろうとする訳です。

つまり自分の判断には自信が無いから,自分で撰択し自己規定できない。従って周囲の人間に対しても

既製のレッテルを貼るだけで理解したような気分になっている。(さらに悪い事に,このレッテルが

次々と発明されて増え続け,それを的確に使い,かつ気持悪い程に馬鹿丁寧な言い回しができないと

文化的,知的にとり残された馬鹿とのレッテルを貼られ片付けられる。つまりこの文章も「まァ,限られた,

ごくー部のヒトであるのではと想像いたしますが」とか書いておかないと,僕もネトウヨのレッテルを貼られて

袋叩きに会うかも)この思考の硬直化はもうファッショのー歩手前です。オッ恐ろしかァ。

--ミュータントとか新人類と呼ばれる若者が出て来た時,日本人も少しは変わるのかと思ったのですが,

それからさらに30年,世界は激変してしまった中でも,全く変っていないのです。

---つまり僕ごときが今更何か言っても何の足しにもならない。僕は自然観察から出発して社会学,

人間観察に入った者で,予言者になる事も神がかりを演じる事もできないのです。

---それでも多少の期待を込めて敢えて書けば,ようやく盛上って来た原発廃棄ヘ向けての署名運動の

ようなもの,その大義に加わっていく事で己れの殻を破り新しい,未知の世界に目を開く事,

ひょっとしたら全く無馱になるかも知れない事に己れをかり立てる---つまり無償の行為=無私というものを

実践するきっかけになるのでは? そうした実践経験の中から,新しい人間像が生れて来るのを期待したい。

-----

Yoshizen

—-

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: