Yoshizen's Blog

仏教の行と大脳生理 (Effects of Practice)

 (This is the Japanese version of previous post = Key Mechanism in Zen Buddhists Mind.)

ここまでのいくつかのポストで,原始仏典のアーガマ(阿含)経から大乗仏典のほとんど全てに至るまでが

いかにヒンズー教に書変えられていたかを書きましたが,それにもかかわらずいったいどのようにして

釈尊の無私,無心,空の教えが失なわれること無く2500年の永きに亘って受け継がれて来ていたのか?

---実はここに仏教を仏教たらしめる核心があり,そこに表立って書かれる事の無かった

[行]の問題があったのです

[]

仏教では宗派にかかわらずどこでも信者に延々と続く勤行を勤めさせます。

それは延々と題目を唱えたりあるいは太鼓をたたいたり,ぐるぐる歩き続けたり(南方仏教の例

---若い頃禅に傾到したアップルの故スティーブ.ジョブスが延々と歩かされて頭に来たと言うのは

有名な話),中には水を満した丼を持ってぐるぐる歩くなどという[行]をさせる寺が中国に在る。

あるいは座禅とともに特別な呼吸法を習得させたりもします。

しかし何故このような[行]をさせるのか?---実はこうした[行]自体に特別な意味が有るわけ

では無く,それをすることで条件付けされる脳の側に要点が有ったのです。      

[]

人の脳は受覚した情報を処理する時,全ての情報を等しく扱う訳ではありません。

間断なく,五感から入力される情報に加え体の内部情報や運動器官からのフィードバックetcと,

処理せねばならぬ情報は将に膨大でそれの処理をいかに合理化,効率化するかは生体維持の生理作用

同様に極めて重要な問題なのです。

完璧な健康を維持できていても敵の発見が一瞬遅かっただけで全てが無駄になってしまう。

可能な限り自動化,自律化し処理量を減らす事が生存のキーなのです。 従って脳に達する情報は,

その刺激の強度に拘わりなくその重要度(価値観,損得好嫌,危険性など)に応じて処理される訳で

重要度ナシと分類されたものは完璧に無視される。   あるいは同ーの刺激が繰返される場合,

それを評価する閾値  (threshold) が高くなりその情報を無視するという対応も取られます。

(臭いや騒音に慣れたり,毎日見ている物が注意を引かなくなるetc)

[]

脳の情報処理で重要な事は,この情報の評価分類は生理作用のコントロールにも関与する

大脳古皮質の情動域で行なわれているという事です。

感情が大脳新皮質での価値評価の思考と決定的に異なる点はそれが『己れ』の利益(損得,安全,

生存)に直結した判断規準に立つという事と,同時にホルモンの分泌をともなっている事です。

危険の徴候を目撃し“ヤバイ”と感じた瞬間にアドレナリンが分泌され脈拍,血圧が急上昇,防御や

逃走に即応する。しかし危険性も無くあまり損得に関係の無い,延々と繰返される勤行となると

その同一パターンの情報は感情的には全く無価値,無害のものとして無視され,情動域を素通りして

処理されるようになります。 一方,体の所作は脳の運動領域にパターンとして刷り込まれ

体は自動的に動くようになる。

[]

=つまり延々と続く勤行は『己れ』という意識に関わる事なく,自動的に処理されるようになる訳で,

実にこれが仏教における勤行の機能だったのです。つまりこれが

釈尊の教えの核であった無私,無心の現象に外ならず長年この勤行を(無条件に受け容れ)続ける

うちに物事を感情抜きに淡々と処理する心理,生活態度が身に付いていく。 

我執,我欲の源である情動域を素通りしてしまうので我にからんだ妄念に捕われる事も無く,

そもそも執着が無い。 これは元々誰もが脳の中に持って生れている情報処理簡略化のメカニズムで,

何ら特別の現象でも,まして神秘的なものでもありません。  これが,無私が全ての人に普遍である事,

かつダルマ(法)が万人に内包されていると言われる根拠に他ならないのです。

この[行]の伝統が保たれていたからこそ,仏教の真髄は今日まで綿々と保たれて来ていた。

----- ?

それでは,同様に万人に共通な感情,情動はどうなのかと言う疑問が出て来ますが,

単純な因果関係を見ただけで情動域での判断傾向,欲やエゴ,愛憎執着がトラブルの種になる事は

有っても悟りを開き静寂な生を得るには何の足しにもならないと見たのが

釈尊であったのです。

(まァ,すったもんだの騒々しい人生を送って来た僕個人としては,

騒さいへビメも悪くないとは思うのですが) 😀

___/\___

[]

Advertisements

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] ---という現象を学ぶ為に仏教では延々と続く勤行を繰返し,それを無意識,無感情でする […]

  2. ヨシ禅縁起 | Yoshizen's Blog said, on February 13, 2016 at 21:23

    […] で,幸か不幸か裁判沙汰で仕事を離れ,改めて禅なるものを考えるうちに無私無心と神経生理との […]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: