Yoshizen's Blog

仏教の行と大脳生理 (Effects of Practice)

 (This is the Japanese version of previous post = Key Mechanism in Zen Buddhists Mind and in its brain function.)

ここまでのいくつかのポストで,原始仏典のアーガマ(阿含)経から大乗仏典のほとんど全てに至る

までがいかにヒンズー教に書変えられていたかを書きましたが,

それにもかかわらずいったいどのようにして

釈尊の無私,無心,空の教えが失なわれること無く2500年の永きに亘って受け継がれて来てい

たのか?---実はここに仏教を仏教たらしめる核心があり,そこに表立って書かれる事の無

かった[行]の問題があったのです。

[]

仏教では宗派にかかわらずどこでも信者や修行僧に延々と続く勤行を勤めさせます。

それは延々と題目を唱えたりあるいは太鼓をたたいたり,ぐるぐる歩き続けたり

(比叡山での修行とはひたすらこれである---若い頃禅に傾到したアップルの故スティーブ.

ジョブスが延々と歩かされて頭に来たと言うのは有名な話,

中には水を満した丼を持ってぐるぐる歩くなどという[行]をさせる寺が中国に在る。

あるいは座禅とともに特別な呼吸法を習得させたりもします。

しかし何故このような[行]をさせるのか?---実はこうした[行]自体に特別な意味が有るわけ

では無く,それをすることで条件付けされる脳の側に要点が有ったのです。      

[]

人の脳は受覚した情報を処理する時,全ての情報を等しく扱う訳ではありません。

間断なく,五感から入力される情報に加え体の内部情報や運動器官からのフィードバックetcと,

処理せねばならぬ情報は将に膨大でそれの処理をいかに合理化,効率化するかは生体維持の

生理作用同様に極めて重要な問題なのです。(入力される毎秒1100万ビットに対し脳が取

込める情報はせいぜい毎秒16〜50ビットが限界と言われる)

完璧な健康を維持できていても敵の発見が一瞬遅かっただけで全てが無駄になってしまう。

可能な限り自動化,自律化し処理量を減らす事が生存のキーなのです。 従って脳に達する情報

は,その刺激の強度に拘わりなくその重要度(価値観,損得好嫌,危険性など)に応じて処理され

る訳で重要度ナシと分類されたものは完璧に無視される。  

あるいは同ーの刺激が繰返される場合,それを評価する閾値  (threshold) が高くなりそれに達し

ない強度の情報を無視するという対応も取られます。

(臭いや騒音に慣れたり,毎日見ている物が注意を引かなくなるetc)

[]

脳の情報処理で重要な事は,この情報の評価分類は生理作用のコントロールにも関与する

大脳古皮質の情動域で行なわれているという事です。

感情が大脳新皮質での価値評価の思考と決定的に異なる点はそれが『己れ』の利益(損得,

安全,生存)に直結した直観的判断に立つという事と,同時にホルモンの分泌をともなっている事で

す。危険の徴候を目撃し“ヤバイ”と感じた瞬間にアドレナリンが分泌され脈拍,血圧が急上昇,防

御や逃走に即応する。しかし危険性も無くあまり損得に関係の無い,延々と繰返される勤行となる

その同一パターンの情報は感情的には全く無価値,無害のものとして無視され,情動域を素通り

して処理されるようになります。 一方,体の所作は脳の運動領域にパターンとして刷り込まれ

体は自動的に動くようになる。

[]

=つまり延々と続く勤行は『己れ』という利害意識に関わる事なく,自動的に処理されるようになる訳で,

実にこれが仏教における勤行の機能だったのです。つまりこれが

釈尊の教えの核であった無私,無心の現象に外ならず長年この勤行を(無条件に受け容れ)

続けるうちに物事を感情抜きに淡々と処理する心理,脳の対応が身に付いていく。 

我執,我欲の源である情動域を素通りしてしまうので我にからんだ妄念に捕われる事も無く,

そもそも執着が無い。 これは元々誰もが脳の中に持って生れている情報処理簡略化のメカニズム

で,何ら特別の現象でも,まして神秘的なものでもありません。  これが,無私が全ての人に普遍で

ある事,かつダルマ(法)が万人に内包されていると言われる根拠に他ならないのです。

この[行]の伝統が保たれていたからこそ,仏教の真髄は今日まで綿々と保たれて来ていた。

つまりその[行]からもたらされる無我無心が実に仏敎の真髄=空無に外なりません。[行]を経て何か気の利いた観念や思想に到達するのではなく、そうした観念や思想のかけらすらも無い空っぽに至る。これが悟りといふものです。

空無であり、何も存在していないのだからそれを形容描写する事もできない。しかしそれの解っていない坊主が無理をして話を作ったものだから後世の仏教は怪し気なオトギ咄で溢れた。そもそも合理主義者の

釈尊が輪廻転生は元より三千世界などを夢想していた筈が無い。=だからこそアーガマ経の中には夢想も空想的奇跡も登場して来ないのです。(前世が無いから生来のカ一ストも無く、当然、サンガにカーストの区別は無かった。)

-----

(それでは,同様に万人に共通な感情,情動はどうなのかと言う疑問が出て来ますが,)

単純な因果関係を見ただけで情動域での判断傾向,欲やエゴ,愛憎執着がトラブルの種になる

有っても悟りを開き静寂な生を得るには何の足しにもならないと見たのが

釈尊であったのです。(だからこそ情動域の関与抜き、無心に作業する事が教えられた=キサーゴータミに教えられたのは何の観念でもなく、只走り回る事であった)

(ーーーで,すったもんだの騒々しい人生を送って来た僕個人としては,

騒さいへビーメタルロックも悪くないとは思うのですが) (笑)

___/\___

(必読=修行での矛盾

[]

釈尊の教え---Buddha’s Original Teachings

Note :  This post is parallel with this and this post in English. 

Mouhitsu Circle (1) 506-001

釈尊の教えが元々如何なるものであったかを知るには,教えの与えられたその時代,

その時の思考,その瞬間の心理の機微を知る必要があります。

人々の問い掛けに,その瞬間の機知で応えていたとされる

釈尊の教えに抽象的な想念は無く,全ては対話に立った明解な英知であったのです。

人々の問いかけもごく日常的な問題,その世相のトピックスであった訳ですが,

釈尊の時代は将にヒンズー教の勃興期で,当然の事として新しい流行思想が話題の中心に

なっていた訳です。 古典的べーダに根ざした道徳論的,儀式的バラモン教から派生した

ヒンズー教は当時の新興宗敎で「霊魂が生れ代り次の生を規定し,

それがカーストになる」とした画期的な流行理念であったのですが,この流行とそれの

もたらした恐怖は,かつての「天中殺」の流行を想い浮ベるとピンと来るでしょう。

根拠も,何の証拠も無いでっち上げであるにも拘らず,世の人というのは

コロっとだまされパニックに陥る。この「輪廻の輪」という妄念に囚われた人々に

明解な答を与え,無要な心配やカーストのクビキから解放するというのが

釈尊の直面した火急の任務であったのです。 何の根拠も無いそのような妄念に対して

釈尊は極めて論理的,合理的な解答として「心配するには及ばない。万物は(我々も)

因果,縁の上にのみ存在しているのだから,当然の事として肉体が死ねば,

そこに根ざしていた意識も自覚も,苦悩も消滅する。これが涅槃で,それは誰もが

自然に得られるもの。我やカーストなど単に頭で作り出した妄念である」と説かれたのです。

[]

ヒンズー教で言う「無限に続く死と再生の繰返し=苦界/娑婆/サムサラ」に対して,

釈尊は「輪廻,再生すベき「我」などと言うものはそもそも存在しない」と説かれた訳

ですが,存在しない物を説明するというのは至難の業です。(概念,言葉も無い!)

例えば,全てが共有され私有物の無い社会で「盗み」とかその罪について議論する事はできない。

重力の在る地球上でなら「もしこの重力が無かったら--」と考える事ができますが,元々

重力の無い世界に暮していたら,重力とはいったいどんなものなのか想像もできないでしょう。

無私,無我である事はできる(一如として)が,それを客観的に自覚した瞬間に一如は消滅する。

(眼の存在の自覚なしにこれを読んでいても,言われて気がついた途端に一如が崩壊する)。

つまり無私を説明するとは外ならぬ「私,我」の存在の認知になってしまう訳です。当然の事として

釈尊が「我」を話題にする事は無く,「魂は死後どこへ行くのか?」といった質問は存在し得ない

物で,それに対する答が与えられる筈も無かったのです。つまり

釈尊は本人が「無我」に一如であった故に「我」の存在に関しては完璧に「無記」だったのです!

[]

従って,仏教の中で最も重要な無私,無我(アナトマン)の教えは,実は体得する以外にない。

不立文字,教外別伝,以心伝心となる由縁です。(無心に,黙々とやるのみ)

しかし逆に言えば,言葉の上で定義し得ないために,誤解曲解が生じる原因にもなったのです。

---で,この曲解はごく初期のうちに起っていて,輪廻やサムサラを説く仏典は

実はヒンズーやタントラの混交でしかありません。

無私無我を教理の根底に置く時に,いったい何が誰が,死後も留って生れ代るのか?

釈尊がそんな矛盾した馬鹿な事を言うはずが無いでしょう。(笑)

しかしケダモノに生れ代るかも知れないと心配する人々の恐怖感は職業僧の飯のタネ,

彼らが話を書変えてしまったのです。

在りもしないあの世から戻って来て「話が違う」と文句をつける人は絶対居ないのですから

どんなホラを吹いてもバレません! 実に困った“虚偽表示”です。(大笑)

 ___/\___

—————-

PS:  The image on top was created by [Mouhitsu] of Japan-Post.

Though, the work has to be saved and its “png” has to be converted

by this process —– Bring the Downloaded image to desktop.  and

Double-click this => “Open with” =>[Paint] —– then click and open

left top icon and go to “Save as”=>”jpeg” (Yes, to asking small window)

—–> The saved image is on the Desktop !  🙂 

-[]

ヨシ禅縁起

(これは友人に送った手紙の拔粋で,まァ日本霊異記,仏教説話の現代版ですな)

———————————————————–

昔母親が僕の手相を読みながら 「お前は下らない事ばかりやっているが,曲った事だけはやらない。それに使命を負って生れていますからそれを果すまでは絶対に犬死にする事はないし,そもそも不動様が付いているので全く心配していません」と言い放ってくれた事があった。    しかし,なんで俺ごときに,わざわざ不動様の番が付かねばならぬのか? 

この意味が把めたのは実に厄年も過ぎてからで ーーー ハタ!そう言えばえらくヤバい所を歩き回っていた割にマムシ、ハブはおろかサソリ、毒グモの類に出合った事も無い。 考えてみるとそもそも病気にかからない。 岩場で二度も転落しながら全くの無傷。 大転倒してスキーを二本も折りながら何の怪我も無し。 一方、背後から刺してくれた者、裏切ってくれた者が突然癌にかかってコロッと死んだり、もっとひどいのは死ぬ事もならず苦しみ続けている。 山で嫌がらせのしごきをやってくれた男は即、雪盲で動きもとれなくなって痛みでひいひい泣いていた。(因みにこの男、しばらく前に山に登ったものの徹底して暴風雨にたたられたとか=神サマ後々までかなりしつこいらしい。笑)  偉そうに命令はするが自分では薪切りも荷上げもやらなかった小屋番の五人は還暦を迎える事もなく他界して当時のメンバーはあとー人しか生残っていない。(ずっと後になって知った訳だが全く異った状況と死因ながら五人が次々に、というのには流石に目をむいた) ーーー 小生が常連になると店や団体は大繫盛,逆に行くのを止めるとそこは倒産する。—–(ディスコ四軒,カフェ二軒,三団体, 山小屋二軒) 遇然にしてはちょっとタイミングが重なり過ぎている。(全て知らないうちにそうなっていたので,小生が呪いをかけた訳ではない---念の為)(例外的にBrixtonのクラブスタッフには予め警告を与え次の仕事捜しを勧めておいたのだが、六ヶ月後現実につぶれるまでは誰も本気にしなかったようだ。)

[]で,もっと奇妙なのが[8150の怪]といふ奴で,こちらの関係先,立回り先,それこそ電話番号から

1-A09A4124-001--8150

銀行口座,

2-A09A4120-001--8150ブログの統計ページ,

3-A09A4122-001--8150ユーチューブの整理番号に至るまで,

将に「張番中]とばかりにこの数字現れる。 ---数字学の人によるとこれは語呂合せ通りに[ハイゴレイ,背後霊]の告知なんだそうな。---思い込みにしては,本人が選んでいる番号ではないし,それが勝手に現れて来るのは止めようもなく,現に個人向けの物に出て来る事実は動かし難い。---しかし、どんなメカニズムで現れて来るのかね?

[]と言うのを逆から考えてみて,ハタと思い当ったのは,実は小生は元々坊主になる為の修業をさせられていたのではと。 虫や花の自然観察から始まって科学一般,一方では詩人逹の人間学,次に社会学で視野を広げる一方,山登りの有無を言わせぬ荒行と,小屋番の只働き = そりゃ無私無心の達人にもなるさ。 (永平寺の香月師はそれを一目で見拔いた訳だ)

で,幸か不幸か裁判沙汰で仕事を離れ,改めて禅なるものを考えるうちに無私無心と神経生理との関係に気が付き,禅と仏教の謎が一気に解けた。

[    で,これも何故か遇然,ブログを始める事になり,書始めてから気付いたのは,どうやらこれは

釈尊以来,2500年間で初めての解釈,ひょっとしてこれはえらい大役で,これが母親の言っていた使命なるものではなかろうか? もしそうであるなら,そりゃ不動明王の加護,背後霊の加護が付くと言うのも納得が行く。---逆に見れば,これが必要であったからこそ,全てがここに集束すべく物事が生起して来た,生起すべく配置されていたという事だろう。 

遇然のように見えているが実は全て起るべく定まっていた訳です。(これを運命と呼ぶ)

[]唯一困るのは,小生のブログでは元々の仏教に怪し気なナンジャモンジャは(あれはヒンズーや土俗タントラの混交)存在しないし

釈尊もそれに対する質問は無視して黙っていたとされている(無記)---それではこの不動明王と言うのは何者で,そもそも小生の運命を規定するダルマに意志や意図が有るのかと言う難問が出てしまう。

ダルマは単に縁起が網のよう連鎖した[空]で意図を持たない無私である筈。(まァそれは不可知と逃げるのですが) (しかし,これも逆説で,もし小生のやっている事,書いている事がダルマや

釈尊の意図に反しているならそれこそ大逆罪で,とっくの昔にコロッと死んでいた筈だし,嫌がらせやハッカー攻撃を受けてブログもつぶれていた筈。)ーーー結果として何故か小生が禅仏教の基になった脳生理について語る事になった。 小生自身は悟りを得ようとも教祖になる気もさらさら無く単に迷信に侵された仏教者,研究者に[これが本来の教えというものを証したいだけで,2500年の間に一人ぐらいは,これをやる奴が居ても良かろうと言う事です。

[] これを整理,組識化し,宗教化するも哲学化するもそれは誰かの仕事で,それも因果の生起として起るものなら起り,仏教も元々の形に戻るでしょう。あるいは,鼻クソとして消えるものなら消えて行く。  それがダルマの意志,と言うものでありそれが己れに付いたカルマです。 

合掌 良禅拝

[]

%d bloggers like this: